雲南地域の郷土料理

マップ-雲南市-

舞茸ごはん

舞茸ごはん
舞茸は、飯南町の特産品です。香り豊かで、歯ごたえのよい舞茸を使用した炊き込みご飯です。

栄養価 (1人当たり)

エネルギー:425kcal
たんぱく質:11.4g
脂質:3.3g
塩分:1.4g

材料(4人分)

  • 米・・・400g
  • 鶏肉・・・80g
  • 舞茸・・・80g
  • 人参・・・30g
  • きぬさや・・・30g
  • 醤油・・・大さじ1と1/2
  • 酒・・・大さじ1と3/5
  • みりん・・・大さじ1
  • 塩・・・小さじ1/3
  • 水・・・480cc

作り方

  1. 米を洗い、ざるにあげておく。
  2. 鶏肉を小さめに切る。
  3. 舞茸は細かくほぐし、さっと茹でてあくをぬく。
  4. 人参は小さめのいちょう切りにする。
  5. きぬさやは茹でて、斜めのせん切りにしておく。
  6. 鶏肉、舞茸、人参、調味料、水を入れご飯を炊く。
  7. 炊き上がったご飯にきぬさやを混ぜる。

焼きサバ寿司

焼きサバ
焼きサバ寿司
雲南地区の三刀屋・木次には焼きサバと言って、生のサバを1本丸ごと串に刺し、炭火で焼く伝統の料理があります。
昔、冷蔵方法のなかった時代、サバは大社の浜で取ったものを担いで運びました。しかし、傷みやすいので生で食べられるのはこの三刀屋・木次が限界でした。
そこで、サバを焼いて焼きサバにし、さらに奥地に運んだそうです。
この焼きサバ使った「焼きサバ寿司」は、田植えや茶摘みと忙しい初夏の最高のご馳走でした。

栄養価 (1人当たり)

エネルギー:518kcal
たんぱく質:17.6g
脂質:7.9g
塩分:2.7g

材料(4人分)

  • 米・・・400g
  • だし昆布・・・5cm位
  • 水・・・520cc
  • 合わせ酢
    • 酢・・・60cc
    • 砂糖・・・大さじ2と2/3
    • 塩・・・小さじ1と1/3
  • 干ししいたけ・・・8g
  • たけのこ水煮・・・60g
  • 煮汁
    • 干ししいたけの戻し汁・・・160cc
    • 薄口しょうゆ・・・大さじ1弱
    • 砂糖・・・大さじ1弱
  • 錦糸卵
    • 卵・・・2個
    • 塩・・・小さじ1/5
    • 砂糖・・・小さじ1と2/3
  • 赤い板かまぼこ・・・20g
  • 焼きサバ・・・100g
  • 山椒の葉・・・少々
  • 焼きのり・・・少々

作り方(焼きサバ)

  1. サバを背開きにして、内蔵とエラをとり除き、串をうつ。
  2. 炭火で20分から30分ぐらい、火力が強すぎないように霧吹きで炭に水をかけ、じっくり焼く。

作り方(焼きサバ寿司)

  1. 米を洗い、だし昆布を入れて炊く。
  2. 合わせ酢の材料を鍋に入れ、砂糖が溶けるまで加熱する。
  3. 炊き上がったご飯に合わせ酢をまわし入れ、しゃもじで切るように混ぜ、うちわであおぎ冷ましておく。
  4. 戻した干ししいたけとたけのこを小さく切り、煮付けておく。
  5. 赤い板かまぼこ、山椒の葉を小さく切る。焼きサバはほぐして骨を取り除く。
  6. 薄焼き卵を焼き、細長く切って錦糸卵を焼く。
  7. 寿司めしに具を入れ、混ぜ合わせる。
  8. 器に盛り付け、上に錦糸卵と焼きのりをかける。
レシピトップページへ戻る